まずは査定から

インターネットを用いた買取サービスを利用する場合も、買取ショップ実店舗での買取を行って貰う場合と同じく、まずは「査定」というものを行う必要があります。買い取ってもらいたいものを業者にチェックしてもらい,どの程度の価格で買い取ることができるのか、ということを判断するための工程となります。実店舗の場合には直接商品を見てもらって査定を行うことが出来ますが、インターネット店舗の場合についてはどのような方法がとられるのでしょうか。

まずは「簡易査定」として、販売したいものの写真や型番、年数などを元にしてインターネット上だけで簡単な仮査定を行う方法があります。状態による価値の変動よりも、元々の「物」による価値の違いの方が大きいものの場合に利用されます。例えば家電類や中古車などはこの簡易査定でもある程度の価格を判断することができます。しかし、この段階での査定はあくまでも仮のものであり、実査定においては覆る可能性があります。

実際の査定は「送付」や「出張」によって行われるのが一般的です。送ることができるようなものである場合には業者に送付し、それで査定を行ってもらいます。大型のものについては来てもらって査定してもらうという流れです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

運営者